スケートボードの発祥と種類

スケートボードはもともとアメリカが発祥地です。 1940年代にカリフォルニアでサーフィンを海ではなく、 陸で練習する際に木の板に車輪を付けて滑った遊びは 起源とされています。 現在のスケートボードとは、見た目や機能も 異なっています。また、名前も統一はなくお店によって 「ローラーサーフィン」「サイドウォークサーフボード」 「ロックライダー」などと呼ばれていました。 日本には1960年代にサーフィンのトレーニング用品として 持ち込まれました。 1974年に南カリフォルニアでスムーズで速く、耐久性が ある物が開発されてから人気が急上昇し、様々種類が作られました。 ・ショートスケートボード 一般的なスケボーはショートスケートボード の事を言います。ジャンプをしたり、アグレッシブに動く際に使用します。 競技で主に使用しているのがこちらです。 ・ロングスケートボード ショートスケートボードよりも長いスケートボードですサイズは 1m近くあります。 もともと、サーファーのオフシーズンの陸上でのトレーニングに 使われ、それから発展しました。 ショートのボードが、ジャンプをしたりかなりアクションが 目立つのに対し、ロングの方は、そのままストレートに滑るのを 楽しむために作れました。 現在ではエスボード、スネークボードなど、従来のスケートボード とは更に機能や形が変わった物もあります。上大岡の美容室、美容院