家族には知られたくない!

月刊誌の広告、ゴシップ紙、繁華街に貼られたチラシやダイレクトメールなどで「多重債務の合理化やります」「多重借金をまとめませんか」という内容の売り言葉を見かけることがありませんか。

それらは、「片付け屋」「買取業」「紹介人」という通称の悪徳会社のおとり広告の場合も存在します。

このようなものを依頼した際には破産申立の中で一番重要な免責許可を受けられないリスクがありえます。

「整理業者」とは宣伝などで多重負債者を集め常識外の手数料を請求して負債整頓をするのですが、現実には負債整理は行われないで、当人は負債地獄にはまってしまう失敗が大方と予想されます。

「買取専門人」は負債者のローンで、家電、旅行の券などを限界まで注文させて負債人からその品々を定価の30%もしくは40%で受け取るというやり方を使っています。

当人は瞬間的には現金がもらえますが、そのうちクレジット業者からの購入物の返済請求が送られて来ることになり、実際は負債を悪化させる結末になります。

この場合、クレジットカード企業に対する犯罪行為ということで免責承認を手に入れられなくなります。

「紹介屋」の場合は大口のサラリーマン金融から断られる借金者に対して融資はしないでおいて、資金提供を可能な店を教えて、常識外の費用を受け取る会社です。

つなぎ業者は専門的な努力で融通してもらえたという口調で会話しますが現実には何もしておらずただ単に調査の甘い業者を伝えているだけです。

この場合でも負債額を増やす結果に終わります。
借金を債務整理する前に読むサイト