お店のBGMのチョイス

現在では多くの店で内装のデザインやイス、テーブルなどにお金をかけています。東京では年間三万件の飲食店が誕生しているのですが、見た目のデザインもすばらしくオシャレな印象のお店がたくさんあります。そこで、デザインに気を配るのと同じように、音楽の使い方を考えてるとどうでしょうか。一部のお店では、BGMを的確に利用してブランディングしているところもありますが、ごくわずかであり、ほとんどのお店がなんとなく流しているという程度です。お店の印象は視覚情報に勝るとも劣らないほど音楽が鍵を握っていると思います。言ってしまえば、内装ではほとんど差がつかないわけですから、音楽で差別化を図っていくのがこれからポイントとなるでしょう。ミュゼ キャンペーン